北國新聞イベントガイド

文字サイズ
お問い合わせ:北國新聞読者サービスセンター/Tel.076-260-8000/営業時間 10:00〜18:00 土・日・祝休み

 北國新聞創刊125周年記念 火星の二人 好評発売中

    日時
    平成30年5月10日(木)
    開演
    18:30 開場18:00
    会場
    本多の森ホール(旧石川厚生年金会館)
竹中直人さん
生瀬勝久さん
上白石萌音さん

 北國新聞創刊125周年記念 火星の二人

竹中直人×生瀬勝久 個性派俳優の激突!!
竹生(たけなま)企画
(※) 三たび実現!
今回も倉持裕が書き下ろし、
ヒロインには上白石萌音が決定!


一般発売受付中!!

★お電話からのお申込み

北國新聞読者サービスセンター
076-260-8000(平日10:00〜18:00)

★イベントガイドからのお申込み
このページのチケット購入ボタンをクリック!

作・演出:倉持 裕
出演:
竹中直人、生瀬勝久、上白石萌音
池岡亮介、前野朋哉、高橋ひとみ


【火星の二人・ストーリー】
大事故から奇跡的に生き延びた男(竹中直人)は事故の後、廃人のようになっていた。
そして彼の息子も人が変わったようになり、その恋人(上白石萌音)は悩んでいた。
そこに、やはり同じ事故から生還した男(生瀬勝久)が訪ねて来る。
生死の境が曖昧になってしまった男と、同じ経験からむしろ活力をみなぎらせている男の、恐るべき因縁・・・・・
そんな二人の果てしなき口論から垣間見える、生き抜くことを巡る物語。

※竹生企画とは・・・
生瀬勝久のなかに芽生えた「竹中直人さんと二人芝居がやりたい!」という俳優ならではの「欲望」。そんな「欲望」を発端に、屈指の超個性俳優であり、クリエイターでもある竹中・生瀬二人のユニット「竹生企画」は誕生しました。当時、竹中が「一緒に芝居づくりを」と熱望していた倉持裕を劇作・演出に招き、ヒロインには竹中・生瀬の二人がぜひ舞台で共演してみたい旬な女優さんを迎えるというサブ・ルールを携え2011年に始動。第一回公演『ヴィラ・グランデ青山〜返り討ちの日曜日〜』は、ヒロインに初舞台となる山田優を迎え、2015年の第二回公演『ブロッケンの妖怪』では、ヒロインに同じく初舞台となる佐々木希を迎えました。両作品ともに倉持裕独自の物事を独自のシニカルな視点で切りとり、緻密なストーリー展開を保ちながら、竹中、生瀬をはじめとする個性的な出演者たちの絶妙な台詞の応酬と間で観客を引きつけ好評を博しました。

主催

北國新聞社

企画・製作

東宝、キューブ

後援(予定)

石川県、金沢市、石川県芸術文化協会、テレビ金沢、エフエム石川、
ラジオかなざわ・こまつ・ななお、金沢ケーブルテレビネット

チケット販売所

○北國新聞読者サービスセンター
076-260-8000(平日10:00〜18:00 土日祝休み)

○プレイガイド
石川県立音楽堂チケットボックス、香林坊大和、ローソンチケット(Lコード 54935)、チケットぴあ(Pコード 484-473)、イープラス、CNプレイガイド、FOBチケット、エンタメスタイル

お問い合わせ

北國新聞社事業部
TEL:076-260-3581
Eメール:jigyo@hokkoku.co.jp

×
ログインID
パスワード