北國新聞イベントガイド

文字サイズ
お問い合わせ:北國新聞読者サービスセンター/Tel.076-260-8000/営業時間 10:00〜18:00 土・日・祝休み

北國新聞創刊125周年記念 野村万作萬斎狂言の現在2019 残りわずか

    日時
    平成31年2月27日(水)
    開演
    18:30 (開場18:00)
    会場
    金沢歌劇座
左から野村万作さん、野村萬斎さん、野村裕基さん
狂言「木六駄」
狂言「茸」
独舞「MANSAIボレロ」

北國新聞創刊125周年記念 野村万作萬斎狂言の現在2019

狂言三代 野村万作・萬斎・裕基

太郎冠者狂言屈指の名曲「木六駄」を、米寿を迎えた人間国宝・万作の円熟の至芸で。また、奇想天外な発想と、シュールで賑やかな舞台で人気の「茸」に裕基が初挑戦。そして、萬斎が初演以来、様々な試みを重ねて、常に進化を続ける「MANSAIボレロ」最新バージョンに挑む。三代共演で多彩に繰り広げる魅惑の夕べ。



【曲目】
レクチャートーク
野村萬斎
軽妙なトークで狂言の楽しみ方や曲目の見どころを分かりやすく解説。

狂言 木六駄(きろくだ)
野村万作   野村太一郎、野村萬斎、深田博治

六頭の牛に薪を、六頭の牛に炭を積み、酒樽を添えて都に届けよと命じられた太郎冠者。大雪の中、思うように動かない十二頭の牛を追いながら山道を急ぎ、ようやく峠の茶屋にたどり着くと、つい酒樽に手をつけて、上機嫌で謡い舞ううち・・・。


狂言 茸(くさびら)
野村裕基   石田幸雄、飯田豪、中村修一、石田淡朗、内藤連、月崎晴夫、岡聡史、野村太一郎、高野和憲

何某は家の中に人間大の茸が生え、取っても取っても無くならないので、山伏に法力で取り除いてほしいと頼む。山伏は祈祷を始めるが、茸はますます増え、山伏や何某に悪戯をする。疲れ果てた山伏は最後の気力を振り絞って祈るが・・・。

独舞 MANSAIボレロ
野村萬斎   作曲:ラベル 振付:野村萬斎
萬斎が長年の構想を経て2011年に世田谷パブリックシアターで初演し、以降各所で好評を博しているプログラム。ラベルの傑作舞踊音楽「ボレロ」と、「三番叟」を軸とする狂言の発想と技法とが結晶し生まれた、珠玉の独舞。

プロモーションビデオ

主催

北國新聞社、一般財団法人石川県芸術文化協会

後援

石川県、金沢市、北陸放送、テレビ金沢、ラジオかなざわ・こまつ・ななお、金沢ケーブル、北國新聞文化センター

チケット販売所

北國新聞読者サービスセンター、石川県立音楽堂チケットボックス、香林坊大和、チケットぴあ(Pコード491-401)、ローソンチケット(Lコード53798)

お問い合わせ

北國新聞社事業部
TEL:076-260-3581
(平日10時〜18時 土日祝休み)
Eメール:jigyo@hokkoku.co.jp

チケット料金(税込)

S席(売り切れ)
9,800

A席
8,800

B席
7,800

(全席指定、税込み)
※当日500円増し。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

インターネットからの受け付けは、終了いたしました。

なお、電話では引き続きチケットのご予約を受け付けておりますので、下記までお問い合わせください。
北國新聞読者サービスセンター
〒920-8588
金沢市南町2番1号 北國新聞会館2階
北國新聞社事業部内
  TEL:076-260-8000
(平日 10:00〜18:00)
会場マップ
拡大して見る
拡大して見る
×
ログインID
パスワード